自動車は使用者に多くの便益を与えるが、反面、生命・健康・安全などの市民の基本的権利を侵害する存在である。
自動車が社会に及ぼす原因は、自動車が自走することに起因する交通事故と、自動車が燃料を燃焼することに起因する排出ガスの排出や騒音などによる環境問題が主な問題である。
また自動車が高性能な乗り物へと改良されるようになるにつれてますます運転マナーの悪い乗り方を好む者が現われ問題とされるようになっている。
これは近代化による交通の発達により、自動車の利用者が急速に増大し、それによって個々の運転者による交通マナーという概念が生まれ、社会がそれを求めるようになったという背景もあります。