交通マナーを守って運転しよう!

自動車は使用者に多くの便益を与えるが、反面、生命・健康・安全などの市民の基本的権利を侵害する存在である。
自動車が社会に及ぼす原因は、自動車が自走することに起因する交通事故と、自動車が燃料を燃焼することに起因する排出ガスの排出や騒音などによる環境問題が主な問題である。
また自動車が高性能な乗り物へと改良されるようになるにつれてますます運転マナーの悪い乗り方を好む者が現われ問題とされるようになっている。
これは近代化による交通の発達により、自動車の利用者が急速に増大し、それによって個々の運転者による交通マナーという概念が生まれ、社会がそれを求めるようになったという背景もあります。


最新の話題・情報

神奈川県やトヨタ、東芝などが水素サプライチェーン実験


【メルセデスベンツCクラスカブリオレ】Cクラス初のオープン

メルセデス・ベンツ日本は28日、日本市場において『Cクラスカブリオレ』を発表し、同日より販売を開始した。「Cクラス」として初のオープンモデルだ。  オープン時もクローズ時もスタイリッシュな外観、車内の静粛性を実現する電動開閉式の「アコースティックソフトトップ」、一年を通じて快適なオープンドライブなどを商品コンセプトとして開発された。  ラインナップは「C180カブリオレスポーツ」(1.6...


災害時、地域社会のためにクルマができること

災害時、地域社会のためにクルマができること


フーガ「CoolExclusive(クールエクスクルーシブ)」登場

大人の美意識を語る専用インテリア。研ぎ澄まされた美意識が、別格の存在感を放つ。


Honda、セパンでアップデートの有無を判断

HondaはマレーシアGPで新たなエンジンアップグレードを導入することを検討しているものの、最終的な判断はセパンに到着するまで先送りするようだ。